韓国コンビニ販売一位は…

韓国にもセブンイレブンやファミリーマートがあるのは知っている人も多いでしょうが、韓国企業でコンビニをやっているのは"GS25"です。GS25というとガソリンスタンドを24時間営業しているのかとも思いますが、これは韓国のコンビニです。我が家は大学路にあるので、セブンイレブン、ファミリーマート、GS25全部あります。

chypachpsu.JPGただ、韓国のコンビニはいろいろ不満が多いです。勿論、日本と比べてのことですが、商品の数が少ないです。スペースに余裕がありすぎます。ただ、韓国のコンビニはどこに言っても、食べるところがあるので、時間がない時とかは便利です。お湯と割り箸があるので、カップラーメンは買ってその場で食べれます。実際、コンビニで買ってその場で食べる人はかなり多いですね。場所によっては、椅子とテーブルまでおいてあるところがあります。

最近、韓国のコンビニの販売商品の順位がでました。一位は何だと思いますか。飴です。一個200ウォンです。この飴“チュパチュプス"が今年上半期6月7日まで730万個売れて堂々の一位です。何で飴をこんなに買う人がいるのか不思議な気がしますが。子供に甘いものをあまり食べさせたくないのは日本も韓国も同じですし、食べるものが他にないわけでもないですしね。

Lets Be.JPG二位は600-700ウォンの缶コーヒー“レッツビ(Let's Be)”です。2000ウォン台のプレミアムコーヒー製品が出回る中で安い缶コーヒーが売れているようです。3位は、"バナナ味牛乳"で、これは2007年と2008年連続でコンビニ売上一位でした。これも良く見かけますが、買ったことはありません。

4位と6位は焼酎です。“チャムイスル(真の露)"と“チャムイスル(真の露)フレッシュ”です。日本でも知っている人は多いと思いますが、“辛ラーメン”は7位です。おにぎりも10位以内に3商品入っていますね。

韓国のおにぎりは中に、キムチやプルコギが入っていて、日本ではお目にかかれない商品ですから、韓国に来た時、話の種に一度食べてもいいかも。値段も500-600ウォンですからすごく安いです。

韓国も不景気の影響で価格が1000ウォン以下の商品が売れ筋のようですが、日本のように工夫を凝らした弁当などがないのも原因でしょうね。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。