大学路にできたこの建物なんでしょう

移転してくるソウル女子大の建物この写真何だと思いますか。よく見るとこれは全部ドアです。いろんな種類のドアがあるので、芸術的にも見えます。場所は地下鉄恵化駅4番出口から成均館大学の方へ歩くとバス通りがありますが、そこを左に曲がってすぐの所に、一つの建物が全部いろんなドアでおおわれています。

入り口にはソウル女子大学と書かれています。大学が移転したのかなと思い、中に入ってみると、守衛さんが一人座っていたので聞いてみました。すると、ソウル女子大学が大学路に移転してくるのでそのための改装工事の為に危ないので建物をおおっているという答え。これはデザインなのかと聞いたところそういうわけではないということです。

が、これだけのドアを一箇所に集めるというのは大変な作業ですから、何か意味があるのだろうとインターネットを調べてみても関連情報がほとんど載っていないですが、多分、ソウル女子大には芸術学科があるので芸術学科が移転してくるんだと思います。

ソウル女子大学の入り口大学路は小劇場が何十箇所もあり、サンミョン大学や東徳女子大等の音楽、芸術分野の大学があるし、東徳大学からはつい最近も海外で行なわれたスーパー・モデルの選抜大会で優勝したり三位に入賞した人をだしていますから、そういう芸術分野を大学路に持ってきたんでしょうね。

ソウル女子大は名前からすれば日本の東京女子大に当たるでしょうが、韓国での知名度や学力レベルは中の上レベルぐらいのようです。昔は、李花女子大から来た人がソウル女子大の個別性を高めようと乗馬やダンスを取り入れ、ソウル女子大を卒業した人は、結婚しやすいという印象を年配の韓国人は持っているようです。

大学路に大学がひとつ、しかも芸術系の女子大が来るということで、ますます町も明るい雰囲気になるでしょうか。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。