顔の岩、嘘のような本当の話

kao.png

アチャ山の太王四神記の撮影場所高句麗鍛冶屋村から山を登るとものの2,3分で見えるのがこの不思議な顔の岩です。
最初はなかったのが、太王四神記の撮影をするころに突然できたということで、にわかに信じがたいことですが、半分だけはっきりとした顔の形をしていて不思議です。

アチャ山は登山と行っても楽勝で上れる丘みたいなものですから、体力のない人でも気軽に散歩できるところですね。

私は前日、ソラク山の蔚山岩まで上りましたがこれはそれなりに体力がないときついです。往復で3時間半ぐらいですかね。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。