ソウルの地下鉄は今が旬

電車の到着状況を示す電光掲示板ここ数年、ソウルの地下鉄がどんどん変わっているの知ってますか。日本も同じですが、スクリーンドアが駅ごとにどんどん出来上がっています。私の住んでいる大学路にある地下鉄4号線の恵化駅にも2年前からスクリーンドアが出来ました。今年中にはすべての地下鉄の駅にスクリーンドアを設置する予定であらゆる駅で工事が行なわれています。

駅の中に張ってあるソウル地下鉄の広告には、スクリーンドア設置の目的は、駅のホームから飛び降りて怪我をする人がいないようにというのと、駅ホームの空気清浄のためです。

数年前にはニュースでも駅のホームに有害物質の微細ゴミが基準値を何倍も超えて検出されていると良く報道していたので、ソウル市が予算を組んでそのための対策をしているんですね。スクリーンドアはいいことは良いですし、先進国はスクリーンドア大体ありますから、仕方ないんですが、電車を見て楽しみたい人にとっては、何かもっといい対策はないのかと思ったりします。第一、スクリーンドアはガラスですが、反射するので電車が良く見えませんからね。

ソウル地下鉄が変わったのはそれだけではありません。改札を入るとすぐの所に、次に来る電車の時間と行き先が表示された電光掲示板が設置されました。その掲示板には、電車が今どこにいるか、二つ前の駅とそこまでの線路の図が書いてあって、この区間に来ている電車の位置が表示されています。

これをみると急いでいない時など、すぐ後に電車が来ていれば、すぐ解るので、来ている電車がすごく込んでいる時には乗らず次の電車に乗ろうと判断することが出来るので、かなり便利です。時間がデジタル的に書いてあるんじゃなくて、アナログ的に絵で表示されるので、見ただけで瞬間的にどのくらい後に来るか解かりますしね。

また、ソウル地下鉄は、構内や電車の中にソウル地下鉄の宣伝を良くしていますが、それを見るとソウル地下鉄頑張ってるなって、つい応援したくなるような内容が書いてあります。

”ソウルにかかる幸福虹”と労使の和解を示す広告例えば、ちょっと昔までは、賃上げ問題で前面ストも辞さず″とか、そんな記事を良く見かけましたし、韓国の労働組合と経営者の中の悪さは、共産主義が猛威を振るっていた80年台までの日本のようですが、そのような中で、ソウル地下鉄公団の労働組合と経営者が20年ぶりに友好的に交流したというのが載っていました。これをどうとらえるかは人それぞれでしょうが、韓国にしばらくいる私などからすると、すごい前進でうれしくなりました。

また、広告にはこのような記事も載っていました。終電時間の午前1時ぐらいから次の始電時間の午前4時半ぐらいまでの間に、毎日、線路の掃除をするための清掃用電車が掃除して、微細ゴミが出ないようにしているという記事。今までもやっていた当たり前のことかも知れませんが、普通の市民はそんなこと知らないですし、ソウル地下鉄頑張ってるなって思いますよね。

後、地下鉄電車が定刻に到着する確率は99.7%だから、無理に急いで乗らなくても次の電車に乗りましょういうのがあります。他の交通機関との比較、一年で定刻より遅れる回数が平均何回で、一年で電車は何回駅に到着するかなどの具体的な数を提示して、説得力ある細かいデータを出し、この数字の正確性を示しています。

別の広告では、地下鉄電車が定位置に停車する確率もほとんど100%であることを示しながら、スクリーンドアが出来てからの市民の心配をなくすための努力をしていて、ソウル市頑張っているなと思います。

一度、ソウルに来たら、ぜひ、地下鉄に乗ってみましょう。ソウル市民の生活に一歩近づけますよ。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学路にできたこの建物なんでしょう

移転してくるソウル女子大の建物この写真何だと思いますか。よく見るとこれは全部ドアです。いろんな種類のドアがあるので、芸術的にも見えます。場所は地下鉄恵化駅4番出口から成均館大学の方へ歩くとバス通りがありますが、そこを左に曲がってすぐの所に、一つの建物が全部いろんなドアでおおわれています。

入り口にはソウル女子大学と書かれています。大学が移転したのかなと思い、中に入ってみると、守衛さんが一人座っていたので聞いてみました。すると、ソウル女子大学が大学路に移転してくるのでそのための改装工事の為に危ないので建物をおおっているという答え。これはデザインなのかと聞いたところそういうわけではないということです。

が、これだけのドアを一箇所に集めるというのは大変な作業ですから、何か意味があるのだろうとインターネットを調べてみても関連情報がほとんど載っていないですが、多分、ソウル女子大には芸術学科があるので芸術学科が移転してくるんだと思います。

ソウル女子大学の入り口大学路は小劇場が何十箇所もあり、サンミョン大学や東徳女子大等の音楽、芸術分野の大学があるし、東徳大学からはつい最近も海外で行なわれたスーパー・モデルの選抜大会で優勝したり三位に入賞した人をだしていますから、そういう芸術分野を大学路に持ってきたんでしょうね。

ソウル女子大は名前からすれば日本の東京女子大に当たるでしょうが、韓国での知名度や学力レベルは中の上レベルぐらいのようです。昔は、李花女子大から来た人がソウル女子大の個別性を高めようと乗馬やダンスを取り入れ、ソウル女子大を卒業した人は、結婚しやすいという印象を年配の韓国人は持っているようです。

大学路に大学がひとつ、しかも芸術系の女子大が来るということで、ますます町も明るい雰囲気になるでしょうか。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の携帯使用時間、日本の2.3倍、ドイツの3倍

韓国人の携帯電話月平均使用時間は320分で日本の2.3倍、ドイツの3倍になるということをKT経済経営研究所が発表しました。320分というと5時間以上になります。

これは、発信者が課金するシステムを使用している国の中で最も長く、二位が246分でフランス、次がノキアの国のフィンランドで244分でした。日本は139分、ドイツは102分。

着発信両方から課金する国の場合は、韓国より使用時間が長いですが、それは、発信と着信両方を含めているためで、これを半分に割った場合、アメリカだけが韓国より使用時間が長かったです。

着発信両方から課金する国家の携帯電話使用時間は、アメリカが829分で圧倒的に多く、次が香港で447分、シンガポールが377分となっています。

KT関係者は、“韓国人は家の外での活動時間が長く、家にいるときにも携帯を利用する場合が多いのが原因している”と語りました。

ただし、携帯の分あたりの料金は、発信者国家の中で韓国が最も安く、分当たり0.08ドルです。フランスは0.14ドル、ドイツ0.16ドル、日本は0.26ドルです。このように料金を含めて考えると、日本は韓国やドイツより携帯電話の料金を払っていることになります。

韓国に住んでいる僕の印象では、韓国人が携帯電話からでも時間を気にしないで、がんがん電話しているという印象ですから、韓国の長電話は当然という事も言えるかもしれません。

また、韓国では会社によっては、給料が安い替わりに携帯の料金を会社負担というところもあり、そういう場合は特に、料金を考えずに電話するケースが多いと思います。これは日本でもそうなのかもしれませんから、簡単には比較できませんが。

各国の料金比較については、日本もソフトバンクのようなケースもありますから、一概に分当たり0.26ドルというのも当てにならないのではと思ったりします。私の日本人の知り合いは、皆ソフトバンクに切り替えているので、いくらかけても料金上がらない人が多いですしね。

アメリカに関しては、昨年仕事で一ヶ月行ってましたが、アメリカの携帯もソフトバンクのように同じ会社の携帯にかけると料金がただというのがあって、僕が仕事でかけた携帯の7割はその会社のものでしたから、アメリカでの通話料がめちゃくちゃ長いのは、それが影響しているのではないかと思います。


| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。