オバマ、カイロで韓国に言及

韓国からもケーブルテレビでNHKが見れますが、つい今、オバマ米国大統領がエジプトのカイロ大学で演説をしたそうですね。“カイロ”というぐらいですから日本の東京大学のようなところで演説したんでしょうが、すさまじい喝采でしたし、内容もすばらしい。オバマ大統領の血統もそうですが、コーランを度々引用したというのもイスラム圏の人のこころをくすぐったでしょう。演説が終わった後は、聴衆は彼が退場するまで規律拍手を送ったようですね。

ところで韓国でもこの演説がかなり話題になっています。何故って、オバマ大統領はこれまでも演説でよく韓国の話題をよく出してきたのですが、今回のカイロでも韓国の話題が盛り込まれました。

“経済発展と機会”という主題の中で彼は、“韓国と日本のような国家は独特な文化を維持しながらも、大変な経済成長を果たしてきた”と評価しながら、“クアラルンプールからドバイに至るまでイスラム圏の人口が多数を占める国家も注目に値する成長をなしてきた”と語ったようです。

この演説、“韓国と日本”と語ったのか、“日本と韓国”と語ったのか確認したいところですが、もし韓国を先に語ったとすれば、どういう意味があるんでしょうか。経済成長の順番からすると“日本と韓国”といいそうですけどね。僕の考えでは日本は経済大国として別格に扱われているのに対して、韓国は日本ほどではないという点でむしろ親近感を持ちやすい、韓国ぐらいだったら自分達もいけるかもしれないというところから、韓国を先に持ってきたのかなと思いました。

いずれにしても、彼の演説は、アラブ圏の経済成長の必要性を主張しながら、実際に経済成長しながら伝統を守っている日本や韓国を一種のモデルとして欲しいということなんでしょうか。

しかし、当の日本人であり、韓国に住んでいる私のような立場からすると、経済発展を優先させることにより放棄している伝統もかなりあるのも事実ですから、その伝統に対する柔軟な姿勢ができるかというとイスラム社会は難しいんじゃないかとも思いますが。オバマ大統領も本当の日本や韓国のこと解っていないですからね。

いずれにしても、このオバマ大統領、最近も韓国の学校の授業日数、自動車の経済力(現代は今もこの経済不況で成長しているのです)等を例に挙げながら、米国が韓国の事例をベンチマーキングする対象として言及したことがあり、関心を集めています。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノムヒョン前大統領の死は陰謀か

ノムヒョン韓国前大統領が逝去して、日本ではどうも、自殺ではなく誰かの陰謀によって殺されたんだとか言う噂が広がっているという話を、ある日本の知り合いと電話して聞きましたので、韓国の状況がどのような雰囲気かお伝えしたいと思います。

韓国では、陰謀説なものはなく、ひとえに韓国全体がノムヒョン前大統領の死を深い悲しみの中で悼んでいるというところです。
ソウル駅や景福宮、独立記念館等、政府が準備した追悼の場だけでも全国に90数箇所、市民自身が準備したものを含めると300以上になり、その中には大学の中などにも準備されました。

ノムヒョン氏の死に際して唯一そばいにいた警護員の様子も詳しく報道されていますが、普通、朝、散歩する時は、夫人と一緒に行くのだそうですが、この日は夫人を呼ばないで、一人で山に行きました。
また、ノムヒョン氏は、普段行かない方角へ道を変えて岩のごつごつした山に向かって登っています。死ぬために、険しい絶壁のあるところへ向かっていったのです。
また、今日の報道では、自殺する場所に行く前に、ノ前大統領の父母のお墓があるところにも行き、そこにあるお寺のお坊さんはいるかなと警護員に尋ねたそうです。しかし、"わざわざ、会わなくてもいい”と言って、その場所へ向かったということです。(ここら辺の状況については警察側の公式見解を末必要がありますが)

韓国は自殺は自殺としても認めながら、自殺せざるを得ないように仕向けた現政権に対する反発が大きく起こっています。
また、そのような政治的な対立を超えて、全国民、哀悼を捧げているという感じですね。テレビを見ていると、皆、嗚咽してますからね。こういうのが韓国のいいところでしょうか。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前韓国大統領逝去後一日

ノムヒョン前韓国大統領の逝去後、一日過ぎて、韓国全国の市民が哀悼の意を表しています。

逝去した日の夕方、韓国のNHKであるKBSで芸能プログラムを放送して、国民から猛反発をくらい、24日と25日の芸能娯楽番組の放送を中止することにしました。一方で、ノムヒョン前大統領と政治的に反対の立場であるイミョンバク現韓国大統領や朴クンレ元ハンナラ党党首が弔問にノムヒョンの故郷に行きましたが、弔問できず途中で引き返しました。

日本では政治的反対派を拒絶するとは考えにくいですが、そのぐらいに政党間の対立は、日本以上に複雑です。ノムヒョン前大統領を自殺に追いやった現政権に対する反発が広がり、現イミョンバク政権が窮地に追いやられるのではないかと、思いますが。どうなるでしょう。
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。